ハナマサ施工(2009年秋〜)

さいたま市内 東京電力鉄塔下

田んぼの中にある東京電力さんの鉄塔建替え工事で、土系舗装ハナマサを使って頂きました。

背の高い鉄塔なので、鉄塔の足を支える4箇所の基礎を囲む部分の面積は150屬曚匹砲覆蠅泙后

放っておくと、雑草が生い茂ってしまい、年に数回の除草作業に、かなりのコストがかかると聞きました。

コンクリート敷きにすると、照り返しや田んぼへの影響が気になります。

また生コンポンプ車を乗り入れる為の仮設構台が必要になります。

ハナマサは、人力施工なので材料と水があれば施工可能です。

ただ、乾いた状態のハナマサを敷き均し、鏝で押える作業に労力が要るのですが、すぐに慣れてしまうでしょう。

ここでの作業員さんたちも、最後にはスイスイ作業を進めておりました。